自己破産

自己破産は法律で認められた権利

借金によって生活困窮に陥った場合の経済再生について、破産法で取りきめられています。破産法第1条では、破産法の目的について次のように定めています。

この法律は、支払不能又は債務超過にある債務者の財産等の清算に関する手続を定めること等により、債権者その他の利害関係人の利害及び債務者と債権者との間の権利関係を適切に調整し、もって債務者の財産等の適正かつ公平な清算を図るとともに、債務者について経済生活の再生の機会の確保を図ることを目的とする。

 

つまり債務者が財産の全て(一部の差し押さえ禁止財産は除きます)を処分することにより、借金を免除して、債務者の再生の機会を与えようというのが破産法の趣旨です。ですから自己破産は法律で認められた権利なのです。

 

当サイトでは、自己破産の基本的な事項についてQ&A形式でまとめています。

Q&A